歯の健康と美しさを歯列矯正で手に入れましょう

歯

白い歯を手に入れるには

院内

東京の審美歯科では、色素汚れを落とすだけでなく、抗生物質によってできる歯の縞模様もしっかりと落とすことができます。表面に模様となっている部分にプラスチックを盛り、表面を覆う加工を行なうことで縞模様や凹凸を隠すことができます。この方法は欠けた歯にも利用でき、歯ぎしりなどで欠けてしまった歯を元に戻したい場合にも利用が可能です。これはダイレクトボンディングと呼ばれる方法で、審美歯科の多い東京では、この施術において確かな技術を持った歯医者も多くいます。歯の隙間や、欠けた歯、歯の表面の凹凸を埋めることが可能で、施術も1日2日程度と短く済むのも人気のようです。保険適用でのレジンを利用したダイレクトボンディングは東京を始め多くの審美歯科で行なうことが出来る施術ですが、利用されるプラスチックの質が違います。より自然で美しい歯にこだわるのであれば、保険適用外にはなるものの、質の良いダイレクトボンディングを行なった方が良いでしょう。その他、こうした抗生物質テトラサイクリンでの色素沈着がひどい場合に歯を白くする方法としてはラミネートベニヤという方法が東京の審美歯科では一般的な治療法として行われています。ラミネートベニヤは歯の表面を削り、その上から薄いセラミックのチップを貼り付ける施術です。ネイルアートでのネイルチップを貼り付けるのと同じような感じで歯を白く見せる方法になります。歯を白くするのに、どちらが自分に合うのかもしっかり相談してみてはいかがでしょうか。